menu

DOMOHORN WRINKLE TAICHUNG

Following Domohorn Wrinkle’s Bangkok store, we have been awarded the interior design project for Domohorn Wrinkle Taichung.  This is the second branch in Taiwan (for Saishunkan Phamaceutical ) where the communication space is designed for the customers to familiarize themselves with the brand concept, and experience the actual products at the premise.

The overall space is structured upon the main concept of“natural beauty with transparence”, which places emphasis on the iconic“vibes” of the brand whose core target are females between 30 to 60 years old while also providing tactile experiences of a physical store that cannot be communicated by online shopping experience alone.

The gently-curved furniture and fittings are in exquisite contrast with the linear architecture. Visitors are welcomed by the gentle and graceful hues in white oak and pale pink, which plays its shade into an almost white colour, depending on the rays of light from outside.

Uplighting and interior design that emphasize on vertical lines are employed so that the space where the ceiling is low appear more commodious.

On the other hand, the sliding partitions that enable flexibility in space utilization at the trial space come with diagonally positioned louvers in the middle section. This gives a sense of roominess even while the partitions are closed and at the same time ensures privacy as eye contact can be avoided.

Situated at an extremely busy corner in downtown Taichung, the challenge was to attract the attention of passers-by in addition to the visual presentations such as large monitors and posters.  Inspired by the lighting design at Castiglioni’s IDEAL STANDARD’s showroom, a myriad of dropping bulbs is reminiscent of the “freshness’ of Domohorn Wrinkle liquid products which also catches the eyes of the people on the street or pedestrians waiting at the junction.

ドモホルンリンクルのバンコク店舗に続き、台中店舗のインテリアデザインを担当した。同ブランドのコンセプトに親しみ、実際の商品を体験するためのコミュニケーションスペースとして、台湾では(オーナーである再春館にとって)2店舗目の展開である。

メインターゲット層である大人の女性たちに向けたブランドのもつ「空気感」を大切に、ネットの情報では伝えられない五感に訴えかける体験を提供するべく、「透明感のある素の美しさ」をコンセプトとして全体を構成した。

直線で構成された建築との対比を作り出す一方で、外からの光の具合によっては白にも見えてしまうほどの淡いピンクとホワイトオークを組み合わせ、上品な優しさに訪問者が包み込まれることを狙った。

また天井高の低い店舗スペースをいかにそれと気づかせないかという課題に対し、アップライトを中心とした照明プランと縦線を強調した内装デザインといった解決方法を採用した。

一方で体験スペースをフレキシブルに使用するための引き戸間仕切りには、格子の向きを中段のみ変えることで、間仕切りを閉めた状態でも開放感を確保したままでお互いの目線が合わない仕掛けとなっている。

今回は非常に交通量の多い交差点の角地という場所であり、大型モニターやポスターなどのヴィジュアルプレゼンテーションに加えて、更にアイキャッチ性をどうアップするかがもう一つの課題となったが、カスティリオーニのイデアルスタンダードのショールームにおける照明デザインにヒントを得て、同ブランドの「みずみずしさ」を表現する無数の雫が滴り落ちるような電球を採用し、道ゆく人々や交差点で待つ人々の目を捉えるファサードとなった。

EN / JP
Client : Saishunkan Co., Ltd (Taiwan Branch)
Interior Design : Fast Space Design Co., Ltd
Interior Construction : TIPOT Interior Design, Construction & Engineering Co., Ltd
Photo : Kuomin Lee
Lighting Design : APLD Co., Ltd.