menu

Office Design : HORIBA (Thailand) Ltd.

Horiba, Ltd. is a Japanese manufacturer of precision instruments for measurement and analysis. They make instruments that measure and analyze automobile exhaust gas, and environmental, medical and scientific applications. In this occasion, the company will be relocating and consolidating their 2 operating sites in Thailand, we have taken up the challenge of designing their office space.

In the semi public zone, it was required to re-establish the branding image to support the communication with visitors from neighboring countries who visit their new showroom and training rooms. For this theme, focusing on promoting the welcoming vibe in the reception area, the space has been designed with a transparency that the training scenes and activities in the showroom can be seen from a third party at the entrance hall while reflecting the company’s intimate and open culture.

In addition, it was required to create an idea to support the communication between the two departments that were separated before the consolidating. For this theme, we adopted a design that allows for incidental communications by distributing the meeting spot along to the limited points that they can pass between semi public zone and private zone.

株式会社堀場製作所(ほりばせいさくしょ 英名:HORIBA, Ltd.)は、設立以来、分析・計測機器の総合メーカーとして、多彩な製品を世界各国に送りだしてきた、独立系の分析・計測機器大手。この度タイにおける2拠点の事業所の移転統合にあたり、設計を担当することになった。

移設前にはなかったショールーム機能やトレーニング機能を付加することになり、顧客とのコミュニケーションを重視し、改めてHoribaブランドイメージを確立することがセミパブリックエリアで求められた。レセプション空間は周辺各国から訪れる訪問者を暖かく迎え入れるための雰囲気を大切にし、一方では同社の親密でオープンな社風を反映させて、トレーニング風景やショールームの中での活動がエントランスにいる第3者からも確認できるような設計を取り入れた。

また上階では2つに分かれていた拠点同士が一つの場所に統合された後のコミュニケーションをサポートする仕掛けづくりが内装設計に求められた。そこでセミパブリックゾーンとプライベートゾーンの間を通り抜けるポイントを限定して、その中にコミュニケーションスポットを仕込むことで、偶発的にコミュニケーションが生まれる様な設計を採用した。

EN / JP
Client : Horiba (Thailand) Ltd.
Interior Design : FAST SPACE DESIGN
Collaborator : ITOKI Modernform
Photo : Panoramic Studio